形成外科・美容外科・皮膚科

形成外科

先天的あるいは後天的な身体外表の醜状変形に対して、機能はもとより形態解剖学的に正常にすることを形成外科学といい体表面の外傷、先天奇形、腫瘍(できもの)、あるいは腫瘍を切除した後の外見、機能の再建などの治療を行います。

主な治療

顔のけが 治りにくい傷 皮ふの癌
きずあと とこずれ あざ・・・赤あざ、
手足のけが ケロイド   黒 あざなど
太田母斑 皮膚や皮下の腫傷 顔、手足などの奇
ことに腱の損 ひきつれ   形
傷や指の骨折 切断指 やけど

美容外科

美容外科は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもあります。

外科学の一分野ですが、美容外科の施術の多くは、病気の治療ではないため健康保険は適用されず、全額自己負担の自由診療(保険外診療)となってしまいます。(一部保険診療でできるものもあります。)

例:二重術
術には大きく分けて埋没法(くせをつける方法)と皮膚切開法(切開して組織を作る方法)の二つがあります。

降鼻術
受診してすぐに手術はできません。レントゲンでその人に合った骨の形成を知り、シリコンを1本1本丁寧に作ります。

豊胸術
理想の乳房に形を整えたり大きくしたりする手術です。現在では生理食塩水を入れたバックを用いて大きく見せる方法が一般的です。

アンチエイジング術
しわや皮膚のたるみを取ることで精神的にも若返り、いきいきとした生活を過ごすことができます。

腋臭症(わきが)やレーザー脱毛治療もあります。

皮膚科

皮膚科は主に皮膚を中心とした疾患を治療します。外用薬、内服などの内科的治療の薬物療法に加えて、手術などの外科的治療も行います。

主な治療例

茶アザ 青アザ 赤ら顔
ソバカス いれずみ 赤鼻
シミ 外傷後の黒い傷跡    
太田母斑 全ての赤アザ

レーザー治療を行うところが多く、茶色いシミやソバカス、太田母斑、血管腫などをきれいに治すこともできます。治療時の痛みは軽く、きずあとも残りません。やさしく安全な最新治療です。

時代はどんどん進化して新しい治療法が出て、肌に負担がかからないものが多くなっているのがうれしいですよね。レーザー脱毛で全身脱毛も可能です。