ホーム > 脱毛用語集 > は行の脱毛用語集

は行の脱毛用語集

yougoha.gif光脱毛

光脱毛とは、強力なストロボライトのような光からメラニンに吸収されやすい光を取り出し、その光をムダ毛の毛根部に照射して、毛包周辺の毛の再生組織を破壊することで永久脱毛を達成する方法です。光が毛根部まで確実に届くので、高い脱毛効果が期待できます。

拡散光なので医療レーザーよりも安全性が高いですが、皮膚に近すぎるとヤケド等をひきおこしたり、遠すぎると効果が弱まり脱毛効果が小さくなるということがあり、施術する人の技術によって脱毛効果が左右されてしまいます。

しかし、医療レーザーによる永久脱毛よりも一般的には安くでスピーディに脱毛できるという特徴もあります。


非熱式脱毛

非熱式脱毛は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛のように熱エネルギーを必要とせず、大豆を主成分としたローションをぬり、オゾン・イオンをお肌にさせていく「毛乳頭の不活性化」を利用した新脱毛です。

熱は一切使わないので痛みも、やけどの心配もありません。大豆を主成分としたローションをぬりながら行うため、脱毛と同時に美白や美肌にも効果があります。

針や熱を使用しないので医師法違反にならず、エステティックサロンを中心として行われている脱毛方法ですが、脱毛効果には個人差が大きいようで、実用化されてからの歴史が浅いので、その永久性について実証はされていません。


Vライン脱毛

Vラインは、ご存じビキニラインですが、肌の柔軟性が高くやわらかいデリケートな部分なので、かみそりなどで剃るとかみそり負けをしたり、黒ずみの原因となりがちです。

レーザー脱毛だと、ワキやお腹に比べて痛みが強い部分でもあります。

ビキニラインの脱毛の形には、V型・I型・細I型・ブラジリアンと4種類ほどに分かれていて下着や水着、自分の好みに合わせて処理をするのが一般的です。

痛みがあってもVライン、Iライン、Oラインなどの脱毛は根強い人気があります。


フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、プラズマライトとも呼ばれていて、黒色に反応する光線で毛乳頭を処理する方法です。医療用レーザーより波長が長いので、光線が毛根に確実に届くようになっています。

安全性も高く、痛みがほとんどありません。また、一度に広範囲の脱毛が行えて、処理時間も短いので、お肌の負担も少なく、費用も低料金で出来るというメリットがあります。しかし非常に細い毛や、色素の薄い毛、産毛には反応がしにくいというデメリットもあります。

施術後1か月ほどでまた毛が生えてきますが、毛を抜くと毛穴が広がり、また太い毛が生えてきてしまう可能性があるので、抜いてはいけません。


保険診療

保険診療は、風邪などやケガ、ガンの治療まで病気に使える、いわゆる健康保険や国民保険で診療できることです。

病気になった人を助けあうという相互扶助の精神で運営されていて、保険診療は、国の決めた診療報酬によって料金が決められたいるので、日本中どこに行っても同じ料金です。

それに対して、自由診療はそれぞれ病院で料金を決めることができるので、病院によって金額が
違ってくるのです。

多毛症など、病気が原因の場合を除いてですが、人間の体に体毛が生えているのは病気ではありません。そのため、レーザー脱毛など美容目的のものは保険診療ではなく、自由診療となります。

美容外科や美容皮膚科などは保険医療機関の認定を受けていても、レーザー脱毛は基本的に保険診療にはならないのですね。


関連記事

や・ら・わ行の脱毛用語集
レーザー脱毛レーザー脱毛はもともと医療用レーザーを使ったアザやホクロの治療から生...
ま行の脱毛用語集
埋没毛埋没毛とは、皮膚の表面の角質が無理に毛を抜くことで毛穴を覆ってしまい、次に...
は行の脱毛用語集
光脱毛光脱毛とは、強力なストロボライトのような光からメラニンに吸収されやすい光を...
さ・た・な行の脱毛用語集
色素沈着色素沈着は、紫外線を強く浴びると皮膚が刺激されてメラニン色素が過剰に増え...
あ・か行の脱毛用語集
Iライン脱毛Iラインは内股から肛門辺りの部分をさします。女性にとってはとてもデ...